リスカやODがカフェインとアルコールに変わった話

 

 

今日、コーヒーを飲んだ。

これは今の私にとって、自傷行為

 

 

中学生の頃にリスカとODは経験した。

どちらも2年くらい続いていたかな。

今でも腕にはカッターで切った跡が残っている。

とても微かにだから、誰にもわからないけど。

なんでだか、消えて欲しいとも思わない。

 

 

高校生になると、腕ではなく髪を切った。

ある日突然前髪をものすごく短くした。自分で。

これは大学生にもなって、前髪だけじゃなくなった。

さすがに自分ではやらなかったけど、

ずっとロングだった髪をベリーショートにまでした。

 

 

たぶんずっと、周りに押し付けられる私のイメージに抗いたかった。

だから自分のイメージからずれることをやっていた。

あと、髪も腕も、切ると爽快感が得られたから。

 

 

鬱になってからまた、リスカもODもした。

このときのリスカはこれまでと意味が違って、

たぶん、自分がどれだけ傷ついているのか表したかった。

心の傷は見えないけど、体の傷は見えるから。

腕を切るほど辛いんだって、言いたかった。

 

ODは本気で死ぬつもりでやった。

あの瞬間にもし駅のホームにいたら、きっと今ブログを書いていない。

ただ幸いなことに家にいたから、薬で済んだ。

持っていた抗鬱剤睡眠薬を全て飲んだけど、

あれくらいの量じゃ人は死なない。

いろんな人に迷惑をかけるだけかけて、私は生きている。

 

 

このとき、いつもそばにいてくれて、支えてくれる人の、

疲れ切った姿を見た。

自分を傷つけることで、他人を傷つけるんだって、

初めてちゃんとわかったんだと思う。

だからあれ以来、リスカもODもしていない。

たまに誘惑に駆られることもあるけど、

今うちには風邪薬と鎮痛剤しかないし、

きっと飲んでも頭痛や吐き気に苦しむだけだと思う。

 

 

でも10年以上ある”自分を傷つけたい欲”は簡単には消えない。

今もまだある。

だからそういう時はコーヒーを飲む。

それでもおさまらないとお酒を飲む。

 

あまりカフェインに強くない私は、

鬱にもよくないし普段はコーヒーは飲まない。

頭痛がするし、眠れなくなるから。

お酒も同じ。

極端に弱いわけではないけれど。

 

 けどどうしたって自傷欲がなくならないときは飲む。

すごい量を摂取しない限り病院に運ばれることはないし、

だから周りの人を傷つけることもない。

自分には少し影響がでるけど、

許される範囲だと思う。

 

 

きっと本当は、自分を傷つけたいだなんて思わないほうがいい。

そんなことはわかっているけど、

今の私は傷つけたくなるし、欲求に抗えない時もある。

少しずつでいいから自分を大事にできるようになりたいけど、

まだ時間がかかりそうだから、

それまではコーヒーとお酒で乗り越えようと思う。