体の治療と、心の治療

 

 

ここ2〜3日は、治療当初に戻ったのかと思うくらい

鬱の症状が酷かった。

具体的には

・無気力

・体が鉛みたいに重い

・外に出ると息切れがする、そしてめっちゃ疲れる

・不眠

・頭痛

・頭が重い

・食欲不振

希死念慮(すごく具体的に)

・謎の罪悪感(生きててごめんなさい的な)

・とにかくよく涙が出る

 

 

とりあえず家事だけはなんとかやる。

ものすごく時間がかかるけど必要最低限はできる。

けど掃除とか、元気な時は汚いのが気になるのに今はできない。

身なりも全然気を遣わない。なんだっていい。

ジーパン+Tシャツ+ノーメイク+ぼさぼさ髪。

で、1日中横になってる。

夜になると少しましになってスーパーに行く。

 

 

 

体も重くてぐったりだけど、精神的にしんどい。

わたしはいつも泣くほど苦しかったり、死にたかったりするときは

”鬱に脳みそを乗っ取られた”と思うのだけど、

2日間休むことなく支配されていた。

しかも奴らは上手で、わたし以外の人がいるところでは大人しい。

みんなが出かけたり寝静まると出てきて、

「お前はダメなやつだ。早く死んだ方がいい。」

って話しかけてくる。

 

鬱を患っていた知人の身内が、

元気になってきた頃に家族に笑顔で散歩に行くと伝えて

そのまま電車に飛び込んだのだけれど、

きっとこういうことなんだろうと思った。

 

奴らの目的はわたしを自殺させることだから、

それを止める人がいるところではいい子にしていて

症状が安定しているかのように見せる。

 

それからすっごくネガティブ。

なんかもう、この被害妄想で悲劇の物語がいくつ書けるんだろうってくらい。

冷静に考えて何の根拠もない妄想だってわかっても、

抜け出せなくて不安を煽られる。

そしてそのネガティブ妄想を武器にしてまた、

「早く死んじゃいなよ〜」って言ってくる。

 

 

 

やっと、少し解放されたかな。

辛かったけどそんななか考えてわかったのは、

今一番ストレスをかけてくる元になっているもの。

・見捨てられ不安

・自己否定

 

たぶんこれは、母親の影響。

いつも誰かと比較をされて他人に自慢できる程じゃないと怒られて、

褒められてこなかったから。

だから心の根幹に

”こんなだめな私は誰からも好かれない”

って思いがある。

”みんな最終的に私から離れていく”って思ってる。

 

 

 

体の休養はしたのに心は治療できてないってわかった。

2年目の夏の終わりの記録でした。